For business use

業務用食品を活用

業務用の厨房に必要なもの

業務用の厨房に必要なもの レストランなどの飲食店は大勢のお客を相手に料理を提供するため、客席の数はもちろんのこと厨房での作業もとても重要なものになります。
飲食店として大勢のお客に料理を提供するため、家庭にある大きさの厨房などでは作業効率が悪いため業務用の大きさのものが必要になります。
業務用の大きさといえどもお店の規模により様々ですが、最低限必要な大きさは食器などを収納する場所や機器などを設置する場所、作業台などが必要なスペースになります。
食器などを収納する場所は、埃や油などが飛んだ際に付着しないように扉つきの棚が必要になります。
機器などは冷蔵庫や冷凍庫など食材を保存するものやコンロやオーブン、食器の洗い場や食洗機などがあります。
作業台は食材をカットしたり計量したりするだけでなく、料理の盛り付けの際にも使用するためある程度の大きさを必要とします。
そのほかにもお店により使用するものは異なるため、業務用の厨房で必要になるものはたくさんあるためそれを見越した大きさが必要です。

業務用作業台の特徴とメリット

業務用の作業台の多くはステンレス製です。
そのステンレスにもいくつかの種類があり、磁石がくっつくようになっているものや耐久性に優れているもの耐腐食性、耐熱性に優れているものなどステンレスの種類によって違いがあります。
す業務用の作業台にステンレスが用いられる理由としては、さびにくいと言うことがあげられます。
ステンレス製の業務用作業台の多くはヘアライン加工と呼ばれる単一方向に髪の毛くらいの細かな傷をつける金属の表面処理加工が施されていて、その表面はつや消しの効果があり金属的な質感が強く出る特徴があります。
いくらさびにくいステンレス製と言ってもさびにくいと言うだけでさびないことはありませんが、ステンレス製の場合はさびてもとても目の細かなサンドペーパーなどでさびを落とすことができます。
また業務用作業台にはシンプルなつくりであることも大きな特徴で、そのため掃除がしやすいといったメリットを持っています。