For business use

業務用食品を活用

業務用食品の活用法とは

業務用食品の活用法とは 最近では、多数の店舗やネットショップでも売られている「業務用食品」ですが、一般の家庭で利用するには、容量も大きく使いづらいという印象もあります。
しかし、上手に活用すれば、食事の質を落とすことなく、年間の食費を断然節約をすることができます。
まず、業務用食品のお店で購入しておきたいものは、ソースやマヨネーズ、サラダ油などの調味料です。
賞味期限も長く保存しやすいうえに、通常のスーパーの調味料よりも大容量のサイズとなっていますので、頻繁に買い足す必要がありません。
次におすすめなのが、バターやマーガリン、チーズなどの乳製品です。
年々、値上げが高まっている乳製品でさえ、業務用食品のお店ではこれまで通りの価格で販売されています。
こちらも日持ちの良いものが多いので、大容量であっても無題にしてしまうことがありません。
また、ウィンナーやハム、ソーセージなどの食肉加工品も小分けにして冷凍保存をすることができますので、大容量サイズであっても、一般家庭で消費することが可能です。
消費期限の早い野菜などは、通常のスーパーで購入し、保存のきく商品に関しては、業務用食品を活用する。
このように柔軟に切り替えをすることで、食事の質を一切落とすことなく、簡単に節約することが可能となります。

業務用食品の安さの理由は問屋を通さないから!

一般に、問屋などの仲介業者をあいだに挟めば挟むほど、商品そのものの価格に上乗せされて価格は高くなっていきます。
工場から出荷された後、何か付加価値がつくわけでもないのに、スーパーの棚に並んでわたしたちが手に取るまでには価格がどんどん釣り上がっていくというわけです。
その点、業務用食品は問屋を通さずに、商品を生産している工場から直接買い付けている場合が多く、そのぶん一般のスーパーよりも格段に安い価格でバラエティー豊かな食品を消費者に提供することが可能となっています。
業務用食品というと安かろう悪かろうと思われがちですが、安さの理由は、品質の良くないものを売っているからではなく、このようにムダを削ぎ落とした流通のシステムに大きなポイントがあります。
実際に業務用のスーパーに行って見てみると、オリジナルの商品だけでなく、一般のスーパーで売られている商品と全く同じ商品が、スーパーの半額以下で売られていることもしばしばあります。
食べなれたメーカーの食品を特売やセールの価格で一年じゅう購入することができ、給料日前のピンチにもまさにうってつけです。
業務用食品を初めて購入されるという方は、まずはこういった普段から食べている商品と同一の商品から買ってみると間違いないでしょう。

業務用食品オススメサイト

業務用食品の通販、卸サイトです。

業務用食品